氏神(うじがみ)・産土(うぶすな)とは


氏神さまとは元来氏族が共同でおまつりする神様(血縁的な神)の事を言い、 産土さまは本来私たちが生まれたところ(ふるさと)の神さま(地縁的な神)を言いました。
今日では、『氏神』も『産土』もほぼ同じ意味に用いられています。
これらの神さまは、私たちを一生通じて守ってくれる神さまで一般には私たちの住まいの近くにある神社がそれにあたります。
このような神さまに対して私たちは、『産子うぶこ』・『氏子うじこ』とよばれます。
富山県においては『氏神うじがみ』に対し『氏子うじこ』というのが一般的です。
神さまと私たちはまさに、親と子という関係で結ばれているのです。
氏神さまは、私たちとかけ離れた存在ではなく私たちの生活と共に生きる、身近な存在なのです。
[戻る]

© 2007- Toyama Shintou Seinenkai. All Rights Reserved.